時間を作るための

ムダな時間やスキマ時間を見つける方法は

『時間の視覚化』です。

 

時間の視覚化と聞くと難しそうに聞こえますが

そんなことはありません。

時間の視覚化のしかた

自分の行動を書き出す

時間の視覚化は簡単で

自分の行動を書いてみる。

スケジュールとは違い予定ではなく

実際にやったことと

かかった時間をかいていく。

 

1週間分書く

生活のサイクルは1週間で考えるといい。

1週間なら仕事の日も休みの日も含めることができる。

 

ちょっとしたことでも書く

ムダな時間やスキマ時間はちょっとしたことが多いので

ちょっとしたことでも書いたほうが

ムダやスキマ時間を見つけやすくなる。

細かすぎてもめんどくさくなるので

どこまで細かく書くかは人それぞれ違っても大丈夫。

 

自分の行動をふりかえる

1週間の行動をふりかえって

ムダなだったことや

スキマ時間を見つける。

 

まとめ

時間を視覚化すると

ムダにすごしていた時間やスキマ時間が見つけやすくなる。

その時間をどう使うかは自分しだいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました