早朝トレーニーこういちです

 

毎年、春になって暖かくなってくると

体がだるくなって眠いことが多くなる

『春眠暁を覚えず』ってやつか?

 

原因は自律神経の乱れにあった

 

スポンサーリンク

 

原因は自律神経の乱れ

春は体がだるく眠くなる原因は自律神経の乱れから

冬から春になる時期は、気温の変化が激しいため

体が変化に対応しきれず自律神経が乱れやすくなる

 

進学・就職などで環境の変化も多いときで

ストレスがかかることも多く自律神経が乱れやすくなる

 

また花粉症などのアレルギーで睡眠の質が落ちていることも原因に考えられる

 

対策

基本的には規則正しい生活をこころがけること

朝に交感神経を優位になるよう

夜には副交感神経を優位になるようにする

 

朝眠いからといっていつまでも寝ていないで

できるだけ同じ時間に起きる

しっかりと日の光を浴びる

熱めのシャワー(41~42℃くらい)を浴びると

交感神経のスイッチが入る

 

夜には副交感神経が優位になるようにリラックスをこころがける

ストレッチなどで日中に固まった筋肉をほぐして血流をよくする

シャワーではなく湯船(38~40℃)に浸かると筋肉が緩みやすい

テレビ・PC・スマホは寝る直前に使わない(できれば2時間前から)

 

睡眠の質を高めるには睡眠環境を整える

寝具を変えてみる

温度・湿度の調整

アロマなどの香りでリラックス

 

 

春だから眠いのはしょうがないとあきらめず

少しで改善するようにやってみよう

 

 

できることからはじめよう

 

最後まで読んでいただきありがとうございました

スポンサーリンク