早朝トレーニーこういちです。

 

疲れやすい、なんとなくだるいという症状が続くときは

鉄分不足による「鉄欠乏性貧血」の可能性が考えられます

 

鉄欠乏性貧血と鉄分の補給の仕方について書いていきます

 

スポンサーリンク

 

鉄欠乏性貧血とは

その名前のとうり血液中の鉄分が不足して起こる貧血のことで

貧血の80~90%がこの鉄欠乏性貧血

血液成分もひとつ赤血球中のヘモグロビンは酸素を運ぶ役割がある

このヘモグロビンを作るときに鉄分を必要とする

何らかの原因で体内の鉄分が不足すると

ヘモグロビンがうまく作れずヘモグロビンの量が減るだけでなく

赤血球も小さくなってしまう

 

鉄分が不足することで血液成分がうまく作られなくなるから貧血になる

 

貧血で疲れる

貧血になると体内の酸素供給が減って

体が酸欠状態になるので疲れやだるさを感じることになる

人によっては頭痛がしたり胸が痛む症状が出ることもある

鉄分不足の貧血は徐々に進行するするので

疲れやすさを感じたら鉄欠乏性貧血かもしれないので

貧血の検査を受けてみるとよいです

 

鉄分の補給

鉄分は食事やサプリメントから摂取します

食事から摂る

食べ物に含まれる鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄があります

ヘム鉄は肉や魚など動物性のものに含まれている

非ヘム鉄はほうれん草やプルーンなど植物性のものに含まれている

ヘム鉄のほうが吸収率がよいですが

ビタミンCなどと一緒に摂取すると非ヘム鉄も吸収率が上がる

 

サプリメントから摂る

鉄分不足が進んでいる場合は鉄剤などのサプリメントを利用すると効果的

しかし、鉄分を過剰摂取すると胃腸障害や便秘・下痢などになることがあるので

病院で検査をして医師に処方してもらうほうが安心できる

 

 

意外と不足しがちな鉄分、隠れ貧血も多いようなので気をつけたいです

 

疲れやすいと感じたら鉄欠乏性貧血を疑え!

 

できることからはじめよう

 

最後まで読んでいただきありがとうございました

スポンサーリンク