「健康のため」「かっこいい体になるため」「ダイエットのため」など

いろいろな理由で筋肉をつけたい人がいます。

筋トレをすれば筋肉はつきます。しかし、少しでも知識があると効率がよくなります。ケガも少なくなります。

今回は、筋肉をつける3つの要素を紹介します。

 

スポンサーリンク

筋肉をつけるための3つの要素

筋肉をつけるための要素は次の3つです。

  • 運動(筋トレ)
  • 栄養
  • 休養

細かいことはいくらでもありますが、この3つが基本になります。

 

運動(筋トレ)

トレーニングをすることで筋肉繊維にダメージを与えます。このダメージの痛みが筋肉痛です。

目的によってトレーニングの強度や回数が変わります。

 

栄養

筋肉を作るための材料となるものです。

筋肉をつけるために必要な栄養素は次のものです。

  • たんぱく質
  • ビタミン類
  • たんぱく質分解酵素(プロテアーゼ)
  • 糖質

たんぱく質が筋肉の材料となる栄養素です。

ビタミン類、たんぱく質分解酵素(プロテアーゼ)、糖質は、たんぱく質を吸収しやすくするための栄養素です。

 

休養

トレーニングで傷ついた筋肉を回復させるための休養です。傷ついた筋肉が回復するときに傷つく前よりも筋肉が大きくなります。

 

まとめ

 筋肉をつけるためには運動(筋トレ)、栄養、休養の3つの要素が重要です。それぞれには細かいこともたくさんありますが、基本的なことを知っているだけでも違うと思います。ちょっと意識をしてみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク