早朝トレーニーこういちです

 

昨日のブログで

休日にはランニングをしていると書きました

 

健康と体脂肪を減らす目的で始めたランニングですが

走り方によっては脚が太くなる(太く見える)そうです

 

今年の目標の1つに

『脚を引き締める』がある僕としては

見過ごすわけにはいきません

 

スポンサーリンク

 

走り方の違いで足が太くなる(太く見える)

脚を引き締めようとランニングをしていても

走り方を間違えていると

逆に脚が太くなる(太く見える)ことになる

 

原因は太ももの前側に筋肉が付いて

太く見えるようになってしまう

 

脚を引き締める走り方

姿勢

背筋を伸ばして、前傾姿勢になり過ぎないようにする

猫背や前傾姿勢になると太ももの前側に筋肉が付き易くなる

 

ミッドフット走法

『ミッドフット走法』とは着地の仕方のことで

足の裏全体で着地をする走り方のことです

この走り方だと脚に負担がかかりにくくなる

 

ちなみに

かかとから着地する走り方を『ヒールストライク走法』

つま先から着地する走り方を『フォアフット走法』と言います

 

できれば30分程度は走る

走る時間はできれば30分以上が理想です

運動開始直後は脂肪より糖質をエネルギーとして使う割合が高く

15~20分後から脂肪を使う割合が高くなるからです

 

10分程度の運動でも脂肪が使われるので

10分程度のランニングでもやらないよりもやったほうがいいです

 

走るペースはゆったり

走るペースは会話や歌が口ずさめるくらいゆっくりで十分

あまり速いペースで走ると30分も走れなくなる可能性があります

 

その他のポイント

ストレッチ

運動をする前にストレッチすることでケガの予防になります

また、ストレッチすることで脂肪燃焼効果がすこし高まる

 

水分補給

運動すれば汗をかきます

汗をかいて脱水症状になると

運動のパフォーマンスが下がったり

脂肪燃焼の効果が低くなったり

体調を崩すリスクが高まります

 

運動前・運動中・運動後に水分補給をしかっりします

 

継続する

これが一番大事です

結果はすぐには出ません

ランニングをする頻度にもよりますが

2~3ヶ月は続けてやることで実感できる成果が出る

 

まとめ

走りのフォームは一度にすべて意識するのは難しいので

一つひとつできるようになっていけばいいと思います

なんにしても長期的な視点で考えることが大事だということ

 

 

できることからはじめよう

 

最後まで読んでいただきありがとうございました

スポンサーリンク