体の柔軟性はケガの予防や体脂肪の燃焼のためになります。

年を取ると柔軟性は失われていきますが

ストレッチをすることで何歳からでも取り戻すことができます。

 

柔軟性を高めるストレッチを紹介します。

 

スポンサーリンク

 

柔軟性を高めるメリット

体の柔軟性を高めると関節の動く範囲が広がります。そのことによるメリットがあります。

ケガの予防

関節の動く範囲が広がるので体がスムーズに動くようになりケガをしにくくなります。

脂肪燃焼効果が高まる

関節の動く範囲が広がると筋肉の動く範囲も広がります。筋肉が大きく動くようになるので脂肪燃焼の効率もよくなります。

 

ストレッチの注意点

  • 痛くなるほどやらない
  • 反動をつけない
  • 息をとめない

 

ストレッチのやり方

 

 

 

 

まとめ

柔軟性が高いといいことばかりです。体が固い人は最初はつらいかもしれませんが、1日10分程度のストレッチを続けることで必ず効果が出ます。

柔軟な体を手に入れて快適な生活にしましょう。

 

できることからはじめよう

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク