時間を生かすとはどういうことか?

時間はみんなに平等で有限なもの。

時間をうまく生かせていないと感じている。

  

時間を生かすのは本人しだいだ。

スポンサーリンク

すべてを効率的にこなす

すべてを効率的にこなすことが時間を生かすことなのか?

効率的というと

スケジュールが埋まっていて

予定をたくさんこなしたほうがいいというイメージがあります。

 

予定をたくさんこなすことはすごいとおもいますが

スケジュールが埋まっていると

時間に追われて

時間に支配されているように感じます。

 

それから

予定がうまくいかなかったときに余裕がなく

あせって大きなミスを起こすかもしれません。

 

すべてを効率的にすましてしまっては

つまらないし何も残らないような感覚になります。

 

これでは

時間を生かしているとはいえないです。

 

好きなことを好きなだけする

それでは好きなことを好きなだけしていればいいのか?

好きなことをしていれば

楽しいし、充実感もあります。

 

それだけでは生活ができません。

生活のためにやらなければいけないこともあります。

 

だらだらと好きなことをしていても

時間を生かしているとはいえません。

 

時間を生かすには

生活しているといろいろなことをします。

その活動は大きく次のように分けられます。

  • やらなければいけないこと・・・洗濯、掃除など
  • 目標達成のための活動・・・・・勉強、実践など
  • 好きなこと・・・・・・・・・・趣味
  • ムダなこと・・・・・・・・・・過度なゲーム、テレビなど

これらのことをすべて効率的にこなすのではなく

それぞれの目的にあった時間の使い方をすることが

時間を生かすことになります。

 

  • やらなければいけないこと・・・効率的に
  • 目標達成のための活動・・・・・時間を決めて集中
  • 好きなこと・・・・・・・・・・時間を決めてゆったりと
  • ムダなこと・・・・・・・・・・なくす、減らす

こんな感じに時間の使い方をすればいいのです。

それでも全体のバランスは大切です。

 

まとめ

時間を生かすというのは難しいです。

効率的にとか、集中と決めても

その通りに自分を律するのが一番むつかしいのです。

すぐにあきらめずに少しずつ変えていきましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク