早朝トレーニーこういちです。

 

筋トレをするにしてもあまり時間が取れません。

 

やり方次第で時短筋トレでもしっかりと成果を出すことができるようです。

 

『時短筋トレで成果を出すポイント』を書いていきます。

スポンサーリンク

 

鍛える部位を限定する

鍛える部位を限定することでしっかりと筋肉に効かせることがデキルのようになります。

 

インターバルを短くする

トレーニングのセット間のインターバルを30〜60秒にします。早く筋肉に効かせることができますしトレーニング時間も短くなります。

 

フォームを崩さない

短い時間でトレーニングしようとすると急いてやろうとしてフォームが崩れがちになります。フォームが崩れるとターゲットの筋肉にうまく効かなくなります。フォームを崩さないように気をつけます。

 

 

できることからはじめよう

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク