快適に生活をするためにモノを減らす。

明らかなゴミや不用品は捨てることは簡単です。

しかし

いろいろな理由で捨てられずにいるモノがたくさんあります。

 

その理由を探っていきます。

 

スポンサーリンク

捨てられない理由

1.いつか使うかも

「いつか使うかも」

これが捨てられない理由のダントツ1位ではないでしょうか。

「いつか」ってきたことありますか?

ほとんどないと思います。

使う目的がハッキリとしていないものは

使うことはないです。

 

もったいない

これも捨てられない理由の上位にランクインします。

高かったからもったいない

まだ使えるからもったいない

高くてもまだ使えても

今使っていなければ、あなたには必要ないものです。

 

貰い物だから

貰い物も捨てにくいです。

貰ったものが気に入ったものなら使えます。

あまり好みのものではなかったときが困ります。

 

贈り物はモノよりも行為や気持ちが大切なのです。

モノと気持ちを分けて考えましょう。

 

思い出のものだから

子どもの作品や写真などは想いがあり捨てにくいです。

こういうものは無理して捨てなくてもいいです。

あまりにも量が増えてしまったら

データや写真に残す方法もあります。

 

モノを大事にしないといけない

これは心理的なものです。

日本は昔から「モノを大事にする」という文化です。

子どものときに親から「モノを大事にしなさい」とよく言われたと思います。

それが「モノを捨てることはいけない」という

罪悪感を感じてしまうからです。

 

モノを大事にすることは大切なことです。

しかし

なんでも大事にすればいいことではありません。

自分にとって大切なモノを見極めて

それを大事にすることが大切なのです。

 

まとめ

モノを捨てられない理由はいろいろあります。理由をきちんと考えることで捨てるか残すかハッキリしやすくなります。一度、捨てられない理由をしっかりと考えてみましょう。

  

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク