疲労回復にはいろいろな方法があります。

その中でも重要なのが睡眠です。

しかし

たくさん眠ればいいわけではありません。

質のよい睡眠をしなければいくら眠っても疲れはうまくとれません。

それどころか逆に疲れてしまうことさえあります。

質のよい睡眠のとりかたを紹介します。

 

スポンサーリンク

 

疲労の原因

疲労には大きく肉体的疲労、精神的疲労、神経的疲労の3つに分けられます。

肉体的疲労は、体を動かすことで疲労物質が体に溜まり疲れを感じる疲労です。

精神的疲労は、悩み事や人間関係のストレスによる心の疲れです。

神経的疲労は、パソコンやスマホなどを長時間使用することで視神経や脳が緊張して起こる頭の疲れです。

 

疲れをとるには

疲れを取るには、休養、運動、食事などいろいろな要素があります。

その中で改善しやすいのが睡眠です。

睡眠は肉体的、精神的、神経的疲労の回復によいです。

 

質のよい睡眠とは

質のよい睡眠は明確な基準がありません。

次のような睡眠ができていれば質のよい睡眠といえます。

  • 寝つきがよく途中で起きることが少なく安定した睡眠
  • 朝の目覚めがよく、スムーズに行動できる
  • 日中に眠気や過度の疲れを感じない

 

質のよい睡眠をとるには

睡眠の質を上げる方法はたくさんあります。その中のいくつかを紹介します。

生活のリズムを整える

就寝時間と起床時間がバラバラだと体のサイクルが乱れて睡眠の質が落ちます。

できるだけ同じ時間になるようにします。休日もできるだけ同じ時間に起きるようにします。遅くとも1時間ぐらいの違いにします。

 

寝る環境を整える

布団や枕など自分の体に合っていないと睡眠の質が落ちます。

 

アルコールは控える

アルコールを飲むとよく眠れるような気がしますが、逆に眠りが浅くなってしまいます。飲むならば寝る3時間前までにしましょう。

 

まとめ

睡眠の質を高めるれば短い睡眠でも疲れが取れるようになります。質のいい睡眠で気持ちのいい毎日を送りましょう。

 

できることからはじめよう

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク