早朝トレーニーこういちです。

 

毎日、仕事でもプライベートでも

『やりたいこと』『やるべきこと』などがたくさんあると思います。

そしてそのすべてをこなすのは難しいことです。

 

だからこそ優先順位を決めてすることがかなり重要になってくる。

 

優先順位の決め方にもいろいろとある。

  • 重要度と緊急度で決める
  • 難易度と効果で決める
  • 効率を優先させる

 

スポンサーリンク

 

重要度と緊急度で決める

優先順位の決め方でよく聞くのが重要度と緊急度で決める方法です。

『7つの習慣』でもこの重要事項を優先させることで出てきます。

重要度と緊急度のマトリクスで

  1. 重要度も緊急度も高いもの
  2. 重要度が高く緊急度が低いもの
  3. 重要度が低く緊急度が高いもの
  4. 重要度も緊急度も低いもの

に分けられます。

普通に考えると1の重要度も緊急度も高いものを優先すると思います。

これは突発的なことが多いので普段は

2の重要度が高く緊急度が低いものを優先してやります。

緊急度の低いものをやらずにいるとそれがだんだんと緊急度の高いものになってしまいます。

だから、2を普段からやっておけば1の発生も減らせるようになる。

 

3は自分でなくてもできるようなことが多いので人に任せたりすることで対応できます。

4はやらなくてもほぼ問題ないです。

 

難易度と効果で決める

難易度と効果での決め方はやることの『難しさ』と『効果の高さ』で決めます。

難易度と効果のマトリクスで

  1. 難易度が低く効果が高いもの
  2. 難易度も効果も高いもの
  3. 難易度も効果も低いもの
  4. 難易度が高く効果が低いもの

に分けられます。

優先順位はそのまま1.2.3.4です。

簡単なことで大きな効果が得られれば一番いいですからあたりまえです。

2は新しいことを学んだりするときのことになります。

3は時間があるときや人にやってもらってもいいことです。

4はやらなくてもいいことです。

 

効率を優先させる

そのことをやるメリットとやらないリスクを考えて決める方法。

難易度と効果に似ていますがこっちは特にスピードを重視します。

早く効率よくできることから順番にやっていきます。

 

まとめ

いくつかの方法があるけれど、一つの方法にこだわらずに組み合わせてみてもいいと思います。

重要度が高く緊急度の低いものの中で難易度の低く効果が高いものを最優先でやる。と、いった感じです。

いろいろ試して自分にあった決め方を見つけます。

 

 

重要度が高く簡単で効果が高いことを最優先しろ!

 

できることからはじめよう

 

最後まで読んでいただきありがとうございました

スポンサーリンク