早朝トレーニーこういちです

 

日々いろいろな場面で

プレッシャーを感じることがあります

 

プレッシャーはその度合いによって

体や精神に良くも悪くも作用する

 

スポンサーリンク

 

適度なプレッシャーはよい緊張感をうむ

適度なプレッシャー

よい緊張感をうんで

集中力が高まる

 

集中力が高まることで

実力を出すことができ

パフォーマンスがアップして

  • 作業がはかどる
  • うまくプレイができる
  • 冷静な判断ができる

などのことが期待できる

 

過度なプレッシャーは体も頭も働かなくなる

プレッシャーが強くかかり過ぎる

緊張の度合いも高くなって

体も頭もうまく働かなくなる

 

  • 動きが硬くなる
  • 判断が鈍る
  • 冷静に考えられなくなる

などのことが起こりやすくなる

 

プレッシャーを感じるのは

そもそもプレッシャーを感じるのは

ある程度の知識があって

  • 重要と思っているから
  • 難しさが分かっているから

「うまくやらなきゃ」「うまくできるか?」

と考えすぎてしまってプレッシャーに感じる

 

どうでもいいと思っていることや

難しさが分からないことには

プレッシャーを感じないはず

 

 

プレッシャーを

うまく味方につけることができれば

パフォーマンスが上がる

プレッシャーを味方につける方法は後日に

 

できることからはじめよう

 

最後まで読んでいただきありがとうございました

スポンサーリンク