誰でも1度は目標を立てたことがあると思います。

そして目標を達成できなかったこともあると思います。

その原因は自分の努力が足りなかったと思っているかもしれません。

しかし

本当の原因は目標の立て方にあることが多いです。

うまく目標を立てることができれば目標達成の確率も上がります。

スポンサーリンク

目標を立てるメリット

目標を立てることで様々なメリットがある。

  • 行動力が上がる
  • 進捗状況が把握できる
  • 目的・目標達成の確立があがる
  • やるべきことがはっきりする

 

目標を立てるときのポイント

具体化すること

  • 数値化
  • 期限の設定
  • 計画の細分化

ポイントをおさえて目標を立てるときに役に立つのがSMARTの法則です。

SMARTの法則

目標の立て方を調べるとだいたい出てきます。ポイントの頭文字をとってSMARTの法則といいます。

S:Specific(具体的でる)

目標は具体的で明確でなければいけません。具体的にすることでなにをすればよいかハッキリします。

M:Measurable(測定可能である)

目標を数値化することです。数値化すれば結果は一目瞭然です。

A:Achievable(到達可能である)

がんばっても達成できなさそうな目標ではやる気がなくなってしまいます。がんばれば達成できる目標にします。

R:Result-based(成果に基づいている)

本当に自分が達成したいと思っている目標なのかです。人から言われたことなどでは達成してもムダになることになります。

T:Time-line(期限がある)

期限を決める。いつまでに目標を達成するのかをハッキリさせます。

 

目標の立て方

自分のやりたいことや欲しいものから目標を決めます。

最終目標を具体的な言葉や数値にして期限を決めます。

目標の中間地点を作り段階的に達成できるようにする。

具体的な手段を考えて実行する。

 

実行してみてうまくいかなければ目標の見直しをして計画の改善を行う。

それを繰り返す。

 

まとめ

目標の立て方で結果が変わってくるので、目標はしっかりと立てたほうがいいです。もし目標が達成できなくても落ち込むことはありません。目標は目的のためのものであって、1つしかないものではないからです。別の方法や別の目標で目的を達成すればいいのです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク