健康にはよい睡眠(休養)が必要です。

よい睡眠には、大きく分けると3つの条件があります。

その条件とは

  • 睡眠時間
  • 睡眠の質
  • 睡眠の環境

の3つです。

今回は、よい睡眠の3つの条件について書いていきます。

スポンサーリンク

睡眠時間

健康のためには、6~7時間くらい寝るのがベストです。

4~5時間寝るだけで大丈夫なショートスリーパーや9時間以上眠る必要があるロングスリーパーという人もいます。

睡眠の質

睡眠の質は睡眠時間よりも重要です。

睡眠の質を確かめるのは少しわかりにくいかもしれませんが睡眠の質が悪いといくら寝ても疲れが取れなくてすっきりしないことになります。

質のよい睡眠とは次のような睡眠です。

  • 寝つきがよく途中で起きることが少なく安定した睡眠
  • 朝の目覚めがよく、スムーズに行動できる
  • 日中に眠気や過度の疲れを感じない

このような睡眠をするには、日中の過ごしかたなどが影響してきます。

睡眠の環境

睡眠の環境は、睡眠の質にも関係してくる重要な要素です。

  • 温度や湿度
  • 音楽や香り(アロマ等)でリラックスして眠れる環境にする
  • 寝具によっても快適に眠れるようになる

よい睡眠の3つの条件【まとめ】

  • 睡眠時間は6~7時間がベスト
  • 質のよい睡眠には日中の過ごしかたなどが影響する
  • 睡眠の環境を整えることで質のよい睡眠ができる

人によって快適な環境は違うと思います。自分に合った睡眠環境を整えるえて質のよい睡眠を手にいれて健康になりましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク