早朝トレーニーこういちです

 

『早食いは太る』とよく聞きますが本当

 

その原因は

  • 食べ過ぎる
  • 血糖値の急上昇
  • よく噛まない

にあります

 

スポンサーリンク

 

食べ過ぎる

食事を始めてから満腹中枢が刺激され満腹感を感じるまでには20分程度かかる

早食いだと満腹感を感じる前に食べ過ぎてしまうことになる

食べ過ぎれば当然太る原因になる

 

血糖値の急上昇

早食いすると血糖値が急上昇します、そうするとインスリンというホルモンも分泌量が増える

インスリンはブドウ糖を筋肉や脂肪組織に取り込むことで上がった血糖値を下げる働きがあります

脂肪組織に取り込まれたブドウ糖は中性脂肪になる

早食いだと糖が脂肪組織に取り込まれやすくなって太る原因になる

 

よく噛まない

早くたべるということはよく噛まずに飲み込んでいる可能性が高い

よく噛むことで食欲を抑えるホルモンが分泌されるのいで

よく噛まないと食欲を抑えるホルモンが十分に分泌されず食べすぎる原因になる

またよく噛むことで交感神経が活発になり

脂肪を分解して熱に変える『褐色脂肪細胞』の代謝が増えてエネルギー消費が増える

よく噛まないと褐色脂肪細胞が活性化せずエネルギーが余り脂肪になる可能性が増える

 

ゆっくり食べるには

ゆっくり食べるにはやっぱりよく噛んで食べること

そして1口で30回くらいを目安に噛むといい

とはいえ早食いのクセを直すのはなかなか大変です

噛んで食べるようにするには

  • 1口ごとに箸をおく
  • 歯ごたえのあるものを食べる
  • 食物繊維の多いものから食べる

などを意識することです

ながら食べなどをしていてはほぼ無理です

 

 

早食いの人はゆっくり噛んで食べるだけで食べる量が減って代謝が上がるので体重が落ちるかもしれません

 

太らないためにはよく噛んでゆっくり食べろ!

 

できることからはじめよう

 

最後まで読んでいただきありがとうございました

スポンサーリンク