早朝トレーニーこういちです。

 

トレーニングしている人やダイエットをしている人は毎日体重計に乗っているのではないでしょうか。最近は体脂肪率やらなんやらも計れる体組成計のほうが多いですかね。

 

体重も気になるところですが、より気になるのが体脂肪率ではないでしょうか?

脂肪がどのくらいあるかですから気になりますよね。

 

でも、あの数値かなり変動が激しくないですか?僕だけですか?

なんにしても僕は変動するんです。

なので、なんでそんなに変動するのか調べてみた。

スポンサーリンク

 

測定方法

市販されている体組成計では『生体電気インピーダンス法』という方法で体脂肪率の測定をしている。体に微量の電気を流して抵抗値から測定する方法。

脂肪細胞はほとんど電気を通さず、筋肉は電気を通しやすいという特徴を利用して測定する。筋肉には電解質を含む水分が多いので電気を通しやすい。

 

原因は体内の水分

体脂肪率の変動の原因は体内の水分の変動によって起こる。体の電気の通りやすすさの違いは水分によって変わるからです。

人の体は約60%が水分といわれています。その水分は体の中でいろいろな役割をしていて動き回ります。

朝起きたときには全身に均等にある水分も、夕方には重力で足のほうに偏る。

食事をする前と後では体内の水分量が変わる。

運動すると血流がよくなり手足の抹消の水分量が増える。

気温や体調によっても変わる。

このようなことが原因で体脂肪率が変動する。

 

同じ条件で計る

1日のうちでも変動がある体脂肪率なので毎日できるだけ同じ条件で計らないと変化に気づきにくい。

タニタでも体組成計に乗るタイミングとして

  • 起床直後・運動直後・食後・入浴後を避けること
  • 毎日決まった時間に測定すること

と言っています。

 

気にしすぎない

これだけ変動のある体脂肪率なのでその数値にあまり一喜一憂しすぎないようにしないといけない。長いスパンで見て「減ってきたな」「あまり減ってないな」ぐらいに受け止めたほうがストレスにもならなくていいのでは。

 

できることからはじめよう

 

最後まで読んでいただきありがとうございました

スポンサーリンク

ページの先頭へ