早朝トレーニーこういちです

 

休みの日にランニングをしています

走るコースは3つほどありまして

ほとんどがアスファルトで舗装されています

 

その中で少しコンクリートになっているところがあり

アスファルトとコンクリートでは

どちらが脚に負担が少ないのだろうと思い調べてみた

 

結論はアスファルトのほうが負担が少ない

走るならアスファルトの道

 

スポンサーリンク

 

違いは硬さ

脚の負担の違いを決めるのは硬さ

硬いほうが着地の衝撃が逃げにくく脚の負担が大きくなる

 

アスファルトもコンクリートもどちらも硬いので

そんなに変わらないのではと思っていましたが

コンクリートはアスファルトの約7倍硬いそうだ

 

なんとなくコンクリートのほうが硬いとは感じていたけれど

こんなに違うとは思っていなかった

 

できるだけアスファルトの道を走ろうと思う

 

 

できればアスファルトも避けたい

できるならばアスファルトの道も走らないほうがいい

  • 未舗装
  • 芝生
  • 陸上競技場などのウレタン舗装
  • ウッドチップ

などの道のほうが脚への負担がすくない

 

とは言っても近場にそんなところはない・少ない

だからランニングシューズで対策する

 

ランニングシューズ

最近のランニングシューズは

厚底や衝撃吸収の技術がすごいので

アスファルトでのランニングでも

かなり脚への負担が少なくなるようだ

 

 

ランニングシューズも結構長いこと買い換えていないので

そろそろ欲しいと思っていたところ

若くもないので脚への負担も考えて探してみよう

 

 

できることからはじめよう

 

最後まで読んでいただきありがとうございました

スポンサーリンク