早朝トレーニーこういちです。

 

できればイライラしたりせず穏やかに過ごしたいものです。

 

そうは言っても

 

誰でもイライラしたりムカついたりすることはあると思います。

 

そもそも『怒り』という感情は悪いものなのか?

『怒り』の原因

どうやって『怒り』をコントロールするのか?

 

について書いていきます。

スポンサーリンク

 

『怒り』は悪いもの?

『怒り』の感情自体は悪いものではない

『怒り』という感情は人にもともと備わっているもので自然なものなので悪いものではない。

「怒ってはダメだ!」と言って無理矢理に感情を抑え込むことはかえってストレスについてつながる恐れもある。

 

『怒り』にコントロールされることがダメ

怒りに振りまわされて感情が過剰なものになったり、暴力などの行動に移してしまうことがダメ。

 

なぜ『怒る』のか?

怒りというのは理想と現実のギャップから生まれる。「こうあるべき」という想いが強すぎると、想いと違うことが起こると怒りという感情が生まれやすい。

 

『怒り』をコントロールするテクニック

深呼吸

怒りなどで感情が昂ぶっているときは呼吸が浅くなっているので深呼吸すると心も落ち着きます。

 

6秒待つ

怒りの感情のピークが続くのは6秒と言われているので前述の深呼吸などで6秒時間をあけると落ち着くことができます。

 

怒りの元から離れる

怒りの元の近くにいるといつまでも気持ちが落ち着かないので、離れられるときは一旦その場から離れることで気持ちの切り替えができます。

 

まとめ

すべてが自分の思い通りになるわけがないのでイライラしたりすることは必ずある。なぜ怒ってしまうのか・どう対処すればいいかを知っているだけでも気持ちに余裕がでる。

あまり「こうあるべき!」と想いすぎないようにしましょう。

 

できることからはじめよう

 

最後まで読んでいただきありがとうございました

スポンサーリンク