早朝トレーニーこういちです

 

有酸素運動をすると筋肉が分解されて減る

とよく聞くので本当のところはどうなのか調べてみた

 

結論から言うと

本当でもあるし間違いでもる

 

スポンサーリンク

 

運動は筋肉を分解する

有酸素運動に限らず運動(体を動かすこと)は

多少なりとも筋肉を分解してエネルギーを生み出している

筋トレをしても減るが

筋トレをして筋肉繊維が傷ついて修復されるときに筋肉が増える

有酸素運動にはこの作用がないので結果的に筋肉が減る

 

特にエネルギー不足のときに

筋トレで使われるエネルギーは主に糖質

有酸素運動で使われるエネルギーは糖質・脂質・アミノ酸(タンパク質)

 

エネルギー不足、特に血中アミノ酸濃度の低い状態で有酸素運動をすると

足りないエネルギー(アミノ酸)を筋肉を分解して作り出すことになるので筋肉量が減る

 

筋肉を分解させにくくするには

筋肉を分解させにくくするには

BCAAなどを摂取して

血中のアミノ酸濃度を高めておくこと

 

注意すること

長時間の有酸素運動をするとAMPキナーゼという細胞のエネルギーセンサーが働き

タンパク質の合成を阻害するので筋肉の増加がしにくくなる

 

 

有酸素運動でもエネルギー不足に気をつければ筋肉は減りにくくなる!

 

できることからはじめよう

 

最後まで読んでいただきありがとうございました

スポンサーリンク