早朝トレーニーこういちです

 

内転筋を鍛えて内ももを引き締める

『座り方』『立ち方』ときて

今回は『歩き方』

 

歩き方を意識して変えるだけで

内転筋を鍛えることができる

 

スポンサーリンク

 

 

みぞおちウォーキング

内転筋を鍛える歩き方は

『みぞおちウォーキング』と言って

みぞおちから脚が伸びているイメージをして歩く

歩き方のこと

 

ポイントは3つ

みぞおちから脚が伸びているイメージ

先ほども書きましたが

脚がみぞおちから伸びているイメージで歩く

みぞおちを意識することで体幹を使って歩くことができる

体幹は内転筋と連携しているので

内転筋にも刺激が入り鍛えることができる

 

内ももが擦るくらいで歩く

内もも同士をぶつけるくらいのイメージをもって歩く

そうすると内転筋を意識しやすくなる

 

両腕はあまり振らない

腕を振って歩くと遠心力を使って歩くことができるので

体幹を使わなくても歩けてしまう

体幹を使わないと内転筋にも刺激が入りにくくなるので

腕を大きく振らないようにする

 

まとめ

特別なことではなく歩き方の意識を変えるだけなので

やらない理由はないでしょう

 

 

できることからはじめよう

 

最後まで読んでいただきありがとうございました

スポンサーリンク